大量持ち込みによる溶解処理

大量持ち込みによる溶解処理

ダンボール箱による溶解処理コース

ダンボール箱回収

ダンボール箱に書類を詰めて頂き、回収するコースとなります。

» 詳細を確認する

ボックス設置による溶解処理コース

機密ボックス回収

ポスト仕様の専用ボックスを設置して中身の袋を回収するコースとなります。

» 詳細を確認する

持ち込みによる溶解処理コース

大口持ち込み

お客様が回収して直接、ワタコーまたは、製紙メーカーへ持ち込むコースとなります。

 

箱の中身の確認

事前に必ず内容物チェックをおこなって下さい 溶解処理は、紙のリサイクルを前提とした処理方法となる為、箱の中身の品質が重要となります。混入禁止な製品につきましては、溶解処理に必要な仕分け作業 をご覧ください。下記画像の留め具は、外さなくても大丈夫です。また何かご不明な点などありましたら お問合わせ窓口 へご相談下さい。
※紙以外の物を大量に含みますと、溶解処理をお断りする場合が御座います。その場合、持込した機密書類は、持ち帰り頂くかコストが高額になりますが選分溶解にてご対応致します。

溶解処理に入れて良い物

書類の回収と積荷

お客様によるトラックの手配 運送業者や引っ越し業者など、自社便のトラックがある場合は、問題ありませんが、無い場合は、レンタカーを借りるなど、トラックは、お客様の方で手配して頂きます。 書類の持ち込みにより溶解処理費用は、コスト削減可能ですが、回収に伴う人件費や車両代などでトータルコストがとんとんになる可能性も否めません。

書類の回収と積荷

書類の持ち込み

日時調整後、製紙メーカーへ搬入 書類を溶かす現場を確認したい場合は、製紙メーカーへ直接搬入します。書類の溶解には、事前の予約が必要となりますのでご注意下さい。 その他、ワタコーへ持ち込む事も可能です。弊社へ搬入する場合、溶解現場の確認は出来ませんのでご注意下さい。 荷降ろしに付きまして、製紙メーカーへ搬入する場合は、弊社従業員がおこないます。ワタコーへ持ち込む場合は、お客様へ荷降ろしをお手伝いして頂きます。
※紙以外の物を大量に含みますと、溶解処理をお断りする場合が御座います。その場合、持込した機密書類は、持ち帰り頂くかコストが高額になりますが選分溶解にてご対応致します。

溶解処理

書類の廃棄が完了

無料の溶解証明書・溶解動画の発行 製紙メーカーで溶解処理が完了すると溶解証明書が発行されます。ワタコーでは無料の溶解動画も発行しております。書類が溶解釜に投入されるシーンを 撮影しておりますので、書類廃棄の証拠資料として、お気軽にご利用下さい。

持ち込み料金表

50箱以上からご対応致します 箱のサイズに付きましては、110cm未満を基本サイズとしております。基本サイズを越える箱に付きましては、追加料金の対象となりますのでご注意下さい。 詳しくは、ダンボール箱の基本サイズ をご覧下さい。

持ち込み箱数50箱未満100箱まで200箱まで300箱以降
溶解処理料金回収コースをご利用下さい単価 385円単価 330円単価 275円
※上記は税込価格で溶解処理証明書は無料で発行致します。